審査の結果を左右するものとは?

カードローンの審査に通る人というのは、やはりだいたい共通した要素を持っていますし、反対に通れなかった人にも共通した要素というものがあります。
年収ももちろん関係してきます。
高収入であればそれだけ余裕があるということですので、返済をしっかりとしてくれるだろうと判断されます。
ただ収入に合った希望金額を書いていて、その収入が安定していれば収入についてはそれほど気にならないでしょう。

また勤続年数というのも審査を有利に進める要素のひとつです。
とくに有名企業で勤続年数も長いといった場合には、転職の可能性があまりないと考えられるため、カードローンの審査ではそういった人は「安定している」と考えられているのです。

いかに安定していると思われるかどうか

貸金業者側が、「この人ならカードローンを利用しても大丈夫だろう」と思う人というのは、簡単に言えば収入が安定している人です。
アルバイトであっても、勤務時間などが一定であれば収入もそれなりに安定しますし、この条件はクリアできます。

ただアルバイトでも正社員でも、転職したては安定しているとは言えない状況となります。
収入実績が未確定というような状態ですから、安定性が不足していると考えられるです。

ですからカードローンは転職前に申し込んで、カードを発行しておいてもらうといいでしょう。
そうすれば転職後にカードローンに申し込んで、「どうしてなの?」といった思いをすることもなくなるはずです。
このような工夫も、実は重要なのです。

審査の前にやっておきたいこと

「自分がカードローンの審査に通れる可能性はどれくらいなのだろう?」と申し込む前にこうした疑問が頭に浮かぶ方もいるでしょう。
具体的な可能性というのはさすがに知ることができませんが、「○秒診断」というような名目で、簡単な診断にチャレンジすることができます。

年収などを簡単に入力して診断ボタンを押しますと、すぐに簡易診断の結果がわかります。
その結果により、ご融資可能の可能性があるとわかると、カードローンの審査を受ける前に安心した気持ちになることができるでしょう。
それでも本審査で残念な結果になってしまうこともあるのですが、館員診断を受けておくと気持ち的な面でプラスとなってくるでしょう。
是非ご利用ください。

PAGETOP